教室について

札幌医科大学 眼科学講座について

1)臨床を目指す方へ

当教室では入局してすぐに、各専門の先生方のバックアップのもと、多種、多様な疾患を経験し、それらに対応する手技、手術を習得することができます。また、下記の多数の関連病院で手技、手術をスキルアップし、早期に自分ひとりで臨床をこなす力をつけることができます。

 

2)研究を目指す方へ

当教室では、網膜疾患をはじめとし、白内障、角膜障害、緑内障等、多くの眼疾患の研究をすすめて行く基盤が整えられています。さらに研究を進めながら、外来、手術を含む充分な臨床経験を積むことが可能です。

 

3)女性にやさしい教室です

札幌医大には、併設の保育施設があり、育児中の女性医師も安心して臨床に取り組むことが出来ます。女性医師の多い医局であるため、産休後の臨床復帰、各自ライフスタイルに合わせた対応、および緊急時のバックアップ等が充実しています。

 

4)給料に関して

当教室では、年数に応じて決められた額の給料が確保されます。1年目は月給40~50万円、5年目では月給70~80万円となっています。

 

当直回数は1年目で月約6回(1年目が最多で、その後減っていきます。)、出張回数は各自要望にあわせて増減可能です。

 

スタッフ紹介

大学勤務教室員

教授 大黒浩 :白内障、緑内障、網膜硝子体


講師 川田浩克 :白内障、斜視・弱視、小児眼科

講師 阿部晃  

講師 平岡美紀 :ぶどう膜

助教 稲富周一郎 :白内障、緑内障

助教 日景史人  

助教 渡部恵  

助教 西條裕正  

助教 神原啓輔  

診療医 錦織奈美  

診療医 青木悠  

診療医 池田毅  

診療医 平野仁美  

診療医 丸茂弥生  

診療医 北潟谷史織  

診療医 日榮良介  

診療医 平井和奈  


 

外勤教室員

郷田善亮 :深川市立病院

伊藤格 :室蘭市立病院

井田洋輔 :室蘭市立病院

佐藤圭悟 :室蘭市立病院

井口純 :小樽市立病院

太田千秋 :小樽市立病院

大川映 :岩見沢市立病院

梅田和志 :帯広厚生病院

竹森智章 :苫小牧市立病院

澤田奏子 :苫小牧市立病院

藤本香 :札幌東徳洲会病院

宇野仁揮 :NTT札幌病院

近藤太郎 :札幌逓信病院

 


 

 

教室アクセスマップ

〒060-8543 札幌市中央区南1条西16丁目 札幌医科大学 眼科学教室

TEL 011-611-2111 (教室内線: 3435) FAX 011-613-6575